最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

トップページ | 集団的自衛権と憲法(2) »

集団的自衛権と憲法

ご存じのとおり、安倍首相のもとで政府は、集団的自衛権を行使できるようにするために従来の憲法解釈を変更しようとしている。これについて様々な賛否の議論が持ち上がっているが、反対論の一つの形としては、「集団的自衛権の行使は憲法違反だ」という主張がある。

それでは、仮に集団的自衛権の行使が憲法違反だとした場合、現在の自衛隊のあり方(つまり個別的自衛権の行使を前提とする)は、逆に合憲なのだろうか。

ここで簡単に整理してみよう。

①まず、「個別的自衛権の行使ならば合憲だが、集団的自衛権の行使は違憲だ」という立場がある。これはこれでわかりやすい。

②次に、「個別的自衛権の行使は違憲であり、集団的自衛権の行使も違憲だ」と主張する立場もある。いわゆる自衛隊違憲論の立場である。

これは、集団的自衛権を行使さえしなければ良いというのではなく、現在の自衛隊のあり方も憲法違反だという主張であり、最近はほとんど目立たなくなってしまったが、かつて(昭和時代や平成初期頃?)は割とマスコミでも日常的によく見られた主張であった。

ところで、自衛隊の存在が違憲だというのなら、その自衛隊を使って集団的自衛権を行使するとしても、もともと違憲であることに何も変わりはない。違憲であることは今に始まった話ではないからである。

つまり、自衛隊違憲論の立場からいえば、集団的自衛権を行使しようがしまいが、前から違憲だったのだから、今さら「違憲だ」と主張することにどのような意味があるのかということになる。

(ただし念のため断っておくと、憲法論ではなく政治的な議論として「集団的自衛権行使は危険だ」というのなら、それはそれで意味がある。「どちらも違憲であることには違いはないが、リスクの度合いが違う」という主張が成り立ちうるからである。)

この集団的自衛権と憲法の関係については、もう少し考えてみたい。

トップページ | 集団的自衛権と憲法(2) »

憲法」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/55819074

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権と憲法:

トップページ | 集団的自衛権と憲法(2) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ