最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« 憲法では9条が一番大切なのか?他は二の次か? | トップページ | 反戦運動の今と昔 »

憲法の「戦争放棄」の意味

現行の憲法の前文では「平和主義」が謳われ、第9条では、いわゆる「戦力放棄」が謳われているが、今更ながら、この「戦争放棄」はいったい何のために憲法に定められているのだろうか。

「9条はもともと日本を弱体化するために占領時に決められたものだ」というやや極端な主張をする人もいるが、それは別とすると、考え方はおおむね2つに分かれる。

 (1)戦争を放棄することで、平和を守り、国民の生命や財産、人権を守ることができるから。

 (2)戦争を行わないことそれ自体が、第二次大戦の惨禍を経験した日本の理想だから。(実際にそれによって国民の生命や財産、人権が守られることになるかどうかは別次元の問題。)

(1)は、あくまで平和を維持して国民の利益・人権を保護する手段として効果的だから、戦争を放棄する、という考え方だが、(2)は、戦争の放棄それ自体が憲法の目指す重要な理想であって、それによって国民の利益・人権にプラスになるかどうかはまったく別という考え方である。

要するに、(1)の立場は、戦争放棄を単なる手段と考えるが、(2)の立場は、戦争放棄それ自体が目的だと考えるわけだ。

仮定の話として、戦争を放棄することによって逆に国民の利益や人権が脅かされるような事態が起こるとしたら、どう対応するのか。

(1)の立場では、戦争放棄は単なる手段に過ぎないのだから、逆に国民の利益や人権が脅かされるのであれば、(憲法改正は必要だとしても)戦争放棄をやめる、という発想につながる。

「憲法9条があれば、アメリカからの防衛力強化や戦略的協力の要求をかわす口実にすることができる」という主張も、この(1)の立場の変種とみることができるだろう。

もちろん(2)の立場も、国民の利益・人権がどうなっても良いと考えているわけではないだろうが、戦力放棄はその問題とは別であって、国民にとって利益だろうと不利益だろうと、理想は理想として守らねばならない、ということになる。

たとえば「たとえ侵略されても、戦うよりは殺される方がましである」という発想は、この(2)の立場の一種だろう(実際に、かつて朝日新聞の「声」欄でそういう趣旨の投書を見たことがある。)

憲法9条を守ることを主張する場合、上記のどちらの意味で言っているのか、立場を明らかにするべきだろう。

« 憲法では9条が一番大切なのか?他は二の次か? | トップページ | 反戦運動の今と昔 »

憲法」カテゴリの記事

法学・法律」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/67225309

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法の「戦争放棄」の意味:

« 憲法では9条が一番大切なのか?他は二の次か? | トップページ | 反戦運動の今と昔 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ