最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« 山崎雅弘「日本会議 戦前会議への情念」(集英社新書) | トップページ | 山本農水相の事務所と労働基準法と残業代 »

集英社「学習まんが 日本の歴史」新シリーズ刊行

高校時代のとある同窓生(執筆に関与している)から情報をいただいたので、宣伝というのでもないが、ここでご紹介しておきたい。

集英社から「学習まんが 日本の歴史」全20巻の新シリーズ が10月28日に刊行されるそうである。

Set_2

ご存じの方も多いと思うが、この集英社は、昭和時代から、「日本の歴史」の学習漫画のシリーズを何度も刊行して更新を繰り返してきており、現在売られているのが3代目で、今度刊行されるのは4代目となる。

初代は、監修・和歌森太郎、漫画・カゴ直利ほか(全18巻)で、昭和43年。

2代目は、監修・笠原一男、漫画・久松文雄ほか(全18巻)で、昭和57年。

3代目は、監修・岡村道雄、漫画・岩井渓ほか(全20巻)で、平成10年。

初代は私が小学生の頃に買ってもらって、何度も何度も読みふけったものである。第1巻ではヤマトタケルや神武天皇が詳しく取り上げられてたり(もちろん神話としてである)、南北朝時代を扱った巻では南朝方の日野資朝の息子が父の仇を討つエピソード(現在はともかく戦前は道徳教科書で取り上げられたらしい)がやけに詳しく描かれていたかと思うと、最後の昭和戦後の巻では、朝鮮戦争を仕掛けたのは米国側だとされていたり(現在ではもちろん否定されている)、今の時点とかなり視点が違う叙述が多くみられるが、絵に勢いがあり、読み物としての面白さはバツグンである。

2代目は中古で買いそろえたが、初代に比べるとだいぶ大人しく薄味になってしまっている。久松文雄が絵を担当した部分はそれなりに絵に味わいがあるが、他の部分は人によりけりである。

現行の3代目は、本屋で時々立ち読みをしたことがある程度だが、絵の担当者が従来よりも多く分散してバラバラな印象を受ける。ただし学問的には最新の状況を反映しているのだろう。

今度出る4代目はどのようなものか、なかなか楽しみである。

« 山崎雅弘「日本会議 戦前会議への情念」(集英社新書) | トップページ | 山本農水相の事務所と労働基準法と残業代 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/67993161

この記事へのトラックバック一覧です: 集英社「学習まんが 日本の歴史」新シリーズ刊行:

« 山崎雅弘「日本会議 戦前会議への情念」(集英社新書) | トップページ | 山本農水相の事務所と労働基準法と残業代 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ