最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« 生活保護とパチンコ | トップページ | 「天皇の地位は日本書紀の神勅に由来する」という安藤議員の主張 »

電通の本当の問題は「鬼十則」ではない

 電通の社訓というか執務心得の「鬼十則」は、社員手帳にも掲載されているというが、最近の過労死事件に関係する報道の中ですっかり有名になってしまった。今さらだが、その内容は次のとおりである。

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

日本テレビの報道によれば、電通は、これを社員手帳に掲載するのをやめることを検討しているという。

しかしこの十則は、それ自体で見れば、さほど悪いものではないのではないか。

 問題視される点があるとすれば、5の「殺されても放すな」という部分くらいだが、これも本当の意味で「殺されても(死んでも)・・・」という意味ではなく、課題にとことん食らいつけという意味だろう。ただ「殺されても」という表現がまずいというのであれば、そこは確かに変えた方が良いのかも知れない。

 それ以外の部分は、ビジネスマンの心得としては、別に電通に限らず、(絶対正しいとかいう意味ではないが)割と一般的なものではないだろうか。私がかつて勤務していた大手メーカーは、電通に比べれば殺伐とした感じはあまりしない、ただし官僚的・硬直的な組織構造の会社だったが、そこでこの鬼十則が提唱されていたとしても、それほど違和感はない。(ただしそのような実践ができているかどうかはまったく別であるが。)

 この鬼十則が過労死や自殺の元凶であるかのような報道もあるが、そのように短絡的に結びつけるのは、逆に真相から目を遠ざけることになるだろう。むしろ電通の社内風土の本当の問題は、この鬼十則とはまったく別次元の、異様なパワハラとか濃密で強圧的な上下関係などにあったのではないかと思う。
(たとえば電通の社員と身近に接してきたこの人のブログでは、残業や飲み会などの異常さが十分伝わってくる。「鬼十則」ならぬ「狂った七つの常識」というのがその病根だという。)

 この鬼十則それ自体からは、パワハラやセクハラを肯定するようなニュアンスがうかがえるわけではない。

 いずれにしても電通の本当の問題は、鬼十則とは別なところにあるので、鬼十則ばかりを問題にするのは、本質を見誤ることになる。

« 生活保護とパチンコ | トップページ | 「天皇の地位は日本書紀の神勅に由来する」という安藤議員の主張 »

ニュース」カテゴリの記事

マスメディア」カテゴリの記事

企業」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

堀先生

当方のブログの同じテーマにコメントいただき、ありがとうございました。
言われること、その通りだと思います。
こんな背景で、鬼の十則が否定されるのは、もったいないですし、「仕事を通じて成長する」ためには、この十則のごとく、がむしゃらにチャレンジすることは大切だと思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/68469799

この記事へのトラックバック一覧です: 電通の本当の問題は「鬼十則」ではない:

« 生活保護とパチンコ | トップページ | 「天皇の地位は日本書紀の神勅に由来する」という安藤議員の主張 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ