最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« 「貧困女子高生」は「貧乏女子高生」と言い換えるべきだった件 | トップページ | 学歴による社会の分断 »

安倍首相の真珠湾訪問に関する公開質問状あれこれ

 戦争犠牲者追悼のための安倍首相の真珠湾訪問について、日米などの研究者や文化人が、「真珠湾だけでなく中国その他にも追悼のための訪問をするか」と問いかける公開質問状を発表したという。
(下記のとおり「ハフィントンポスト」で全文が報道されている。)

http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/25/story_n_13854564.html

 ここでは、公開質問状の内容についてあまり論評するつもりはないが、末尾に次のような部分があるのが印象に残った。

 「首相としてあなたは、憲法9条を再解釈あるいは改定して自衛隊に海外のどこでも戦争ができるようにすることを推進してきました。これがアジア太平洋戦争において日本に被害を受けた国々にどのような合図として映るのか、考えてみてください。」

 これは、いうまでもなくいわゆる安保法制について触れているのだが、要するに「戦争で日本に被害を受けた国々が安保法制をどう思っているのか考えろ」という主張である。
 一般に、安保法制について反対の主張をする場合の論理としては、「自衛隊員を危険な目にあわせるな」とか「日本が戦争やテロに巻き込まれる恐れがある」などいう言い方がされるのが主眼であるが、この公開質問状では「日本に被害を受けた国はよく思わない(脅威に感じる)」という視点になっている。

 最近は後者のような視点の主張はあまりマスコミに出てこなくなったので、少々新鮮な感じがするが、今から20年とか30年くらい前までは、このように「日本に被害を受けた国々は、日本の防衛力強化や安保政策に不快や脅威を感じている」という論法が普通だったのである。
 (なお、この「日本に被害を受けた国々」が、漠然と「アジア」という言葉で言い表されることも多かった。「アジアは日本の〇〇に反発を感じている」という紋切り型の表現がメディアに用いられていた。
  これに対して、ネット上で、おおむね2000年頃以降「実際にはアジアとはいってもいろいろな国があり、別に日本に反発を感じていない国も多いではないか」という疑問が提起されて、「日本に反発しているのは中国・韓国・北朝鮮くらいだろう」という主張がなされ、「特定アジア」というネットスラングが広がっていったと記憶している。
 ただし実際には、かつてはインドネシアやフィリピンなどでも、中国や韓国ほどではないにしても、戦争中のことについて様々な問題提起があったのであり(今もないわけではないだろう)、すべてのことを中国・韓国・北朝鮮だけに還元すれば良いというわけでもないのだが、ここではこれ以上立ち入らないでおく。たとえば「マラリ事件」で検索してみると参考になるかも知れない。)

 さて少々話は変わるが、この公開質問状に連なっている名前で、懐かしい名前を拝見した。東京外国語大学名誉教示の中野敏男氏という人である。
 特につきあいがあるわけではないが、学生時代、マックス・ウェーバーの専門家の折原浩教授のゼミで半年か1年ほどご一緒したことがあった。もちろん私のことは覚えていないだろう。
 中野氏は当時現役の学部生だった私よりもずっと年上で、いったん社会に出た後、研究者の道を志して大学院に入った立場だったと記憶している。そのゼミでは、ウェーバーの「経済と社会」(Wirtschaft und Gesellschaft)をドイツ語原文でひたすら読んでいくというものだったが、残念ながら私の頭の中にはほとんど何も残っていない。ただ折原先生か中野氏かどちらかが、「知り合いのドイツ人にウェーバーの文章を見てもらったら、『こんなのはドイツ語じゃない』と言われた」というエピソードを紹介されて、皆で笑ったことを覚えている。

« 「貧困女子高生」は「貧乏女子高生」と言い換えるべきだった件 | トップページ | 学歴による社会の分断 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/69006318

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相の真珠湾訪問に関する公開質問状あれこれ:

« 「貧困女子高生」は「貧乏女子高生」と言い換えるべきだった件 | トップページ | 学歴による社会の分断 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ