最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« 就職活動で話を“盛る”学生(AERAの記事から) | トップページ | 安倍昭恵は「右」なの?「左」なの?(プチ鹿島のコラムを読んで) »

小池百合子を推して安倍政権にダメージを与えたいというのが朝日新聞の思惑?

豊洲移転問題が迷走しているにもかかわらず、マスコミの多くは、依然として小池知事に対して比較的好意的なスタンスを取り続けているように見える。

 ところで本日の朝日新聞(ニッポンの宿題)というオピニオン記事(一定のテーマについて、2名の論者のインタビューを掲載するシリーズ)で、「『安全』と『安心』」と題した記事を掲載していた。インタビューに答えたのは、岸本充生(東京大学大学院特任教授)と吉田省子(北海道大学大学院客員准教授)である。
 インタビューの内容は、豊洲問題についてはわずかに名称を持ち出しただけでほとんど触れておらず、あとは概ね当たり障りのないものだった。
 
 ただ「安全と安心」という二分論的な図式をこの時期にわざわざ取り上げて議論のテーマとすること自体、ある意味では小池百合子に対する援護射撃的な効果を持つものだと言えるのではないだろうか。
 小池知事は「安全」と「安心」を分けて考えるべきだという論法を取っており、豊洲市場について「法令上の安全性は確保されているとしながらも、消費者の信頼が得られていないとして安心だとは言えない」と述べ、専門家による検証などを踏まえて総合的に判断するという説明をしているからである。

 豊洲移転問題そのものについてはここでは深入りしないが、なぜここまでマスコミは小池百合子を持ち上げるのだろうか。特に政治的傾向が明らかに異なる朝日新聞が小池百合子をなぜ否定的に扱わないのか。
 他のメディアはともかく朝日新聞の場合、ただ単に小池百合子の“劇場型”政治が面白くて記事や番組が盛り上がるとか、そういうだけの理由ではないだろう。

 これは、7月に予定されている都議会選挙で小池知事派が躍進して自民党が議席を減らせば、安倍政権に対するダメージというかブレーキになるだろう・・・という思惑があるからではないか。「都議会選挙までは小池百合子のイメージダウンを避けるようにしよう」「小池派が伸びれば、安倍政権が困るだろう」などという傾向というか空気が朝日新聞社内にあるのではないだろうか。

 さらに付け加えると、小池百合子はメディアを取り込むのがうまい。といっても、安倍首相のように、メディア各社の幹部が呼んで赤坂で会食するなどというやり方ではなく、メディアの現場レベルが喜びそうな「絵」「図」を作ってやって、自分の味方につけるのが巧みなのである。

 橋下徹はメディアに噛みつき喧嘩したが(それ自体がメディアのネタにもなるのだが)、小池百合子はメディアには噛みつかず、味方にしてしまうわけだ。

« 就職活動で話を“盛る”学生(AERAの記事から) | トップページ | 安倍昭恵は「右」なの?「左」なの?(プチ鹿島のコラムを読んで) »

マスメディア」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/69954261

この記事へのトラックバック一覧です: 小池百合子を推して安倍政権にダメージを与えたいというのが朝日新聞の思惑?:

« 就職活動で話を“盛る”学生(AERAの記事から) | トップページ | 安倍昭恵は「右」なの?「左」なの?(プチ鹿島のコラムを読んで) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ