最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« 労働生産性が低いから残業が多いのではなく、残業が多いから労働生産性が低いのでは? | トップページ | 安楽亭は客層がいいということを強調するバイト »

自民党政治を脅かす者は自民党的なものの中からしか生まれない?

文春に「安倍一強の最大の敵は、民進党ではなく小池百合子」という記事が掲載されている(筆者は赤坂太郎)。

この記事の内容にはここでは立ち入らないが、最近に限らず1990年代以降の日本の政治の動きを見ていると、自民党の既存の体制を脅かす新たな勢力は、結局のところ、自民党的なものの内部からしか生まれてこないように思われる。

というより、自民党やそれに近い系統の政治家が、自民党の中の古い既存の体制のようなものを叩くことにより、大衆世論の支持を取り付けて勢力をつけてのし上がる・・・という手法が、既にパターン化してきている観がある。

一番典型的なのが、自民党の政治家でありながら、「自民党をぶっ壊す」といって支持を集めて強い政権を確立した小泉純一郎である。

最近でいえば、最初に触れたように、小池百合子である。都知事選で改革を訴え、旧来型の自民党の候補を破り、今も都議会の古い自民党勢力などを叩くことで、世論にアピールしているのは言うまでもない。

さらに、都政で現在やり玉?に挙げられている石原慎太郎自身、やはり「古い自民党的なもの」を非難するような立場で都知事になったのであって、このことは今となっては歴史の皮肉と言えるかも知れない。

それ以外の政治勢力でも、維新、さらにさかのぼって旧みんなの党などにそういう側面があった。

良いか悪いかは別として、今後も、「自民党的なものの中にいた人物が、“改革”を訴えて、古い自民党の体制を攻撃して見せることにより、支持を集める」という手法がしばらくは続いていくように思われる。
リベラル的な勢力が自民党を倒す」というのではなく、「自民党から出てきた反逆児が、古い自民党的なものを倒す」というドラマの方が好まれるということだろうか。

« 労働生産性が低いから残業が多いのではなく、残業が多いから労働生産性が低いのでは? | トップページ | 安楽亭は客層がいいということを強調するバイト »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/69877399

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党政治を脅かす者は自民党的なものの中からしか生まれない?:

« 労働生産性が低いから残業が多いのではなく、残業が多いから労働生産性が低いのでは? | トップページ | 安楽亭は客層がいいということを強調するバイト »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ