最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« 東芝が自社株購入呼びかけ | トップページ | クックパッドのレシピで健康被害が起こった場合の責任は? »

今村復興相、「東北で良かった」発言で辞任

 今村復興相は、25日、所属する自民党二階派のパーティーでの講演で、東日本大震災の被害に関して「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な、甚大な額になった」などと発言して非難を浴びていたが、早くも辞任の意向を固めたという。

参照:産経新聞の記事

 私は先日のエントリーで、今村復興相と山本地方創世相のそれぞれの「失言」を比較したばかりである。今村復興相の自主避難に関するあの発言は、あくまで政策の妥当性の問題であって、大臣個人の失言とか暴言と考えるべきではないと今でも考えている。自主避難については、若干の表現の仕方はさておき、今村復興相は、政府全体の方針に則って発言していただけだからである。(ただし山本地方創世相の「学芸員はガン」発言はそうではない。政府の方針とは何にも関係はない、まさに「失言」である。)

 これに対して今回の今村復興相の発言は、「失言」「暴言」と非難されてもやむをえないだろう。厳密にいうと、非難されるべきは、前半の「東北だから良かった」の部分であって、後半の「首都圏に近かったらもっと損害が大きかっただろう」という部分ではない。

 なお、この発言について、「ホンネはともかく、実際にそう思ってても言ってはいけない」という評価の仕方をする人もいる。間違いではないが、少々ピントがずれていると思う。
 「東北だから良かった」というのは、「あいつを本当はぶん殴ってみたい」とか「他人の不幸が面白い」というほどではないにしても、やはり劣悪な発想である。
 もちろん人間というものは完全な存在ではないから、大臣でも一般人でも、私でも誰でも、いろいろ劣悪な発想を心の中で思い浮かべることはある。心の中で思い浮かべるだけなら、いちいち非難する必要はない。
 しかし、いちいち「他人を殴ってみたいと心で思っていても、口に出してはいけない」などと注意する意味はあるのだろうか。そのようなことは、わざわざ言われなければわからないのだろうか。
 そもそも一般人が思いつきでいった発言ではなく、政治家、それも東北の復興を仕事とする大臣の発言なのである。「復興大臣は、東北を復興するのが仕事なのだから、『東北でなくて良かった』ということを、心では思っていても、実際には口に出してはいけない」などとわざわざ注意してあげなければわからないのだろうか。そういう問題ではあるまい。

« 東芝が自社株購入呼びかけ | トップページ | クックパッドのレシピで健康被害が起こった場合の責任は? »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/70379225

この記事へのトラックバック一覧です: 今村復興相、「東北で良かった」発言で辞任:

« 東芝が自社株購入呼びかけ | トップページ | クックパッドのレシピで健康被害が起こった場合の責任は? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ