最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« 石川健治教授の自衛隊と憲法についての主張の考察・続き | トップページ | 政権交代しようにも「安倍以外」の選択肢がないことについて(東浩紀のエッセイから) »

1985年生まれ世代のあたりで政治的感覚に大きな断絶がある件

政治的なものの考え方・感じ方が、世代毎に大きく異なるのではないかということについて、何度かブログで述べたことがある。

共産圏を知らない子どもたち
アンケート実施!あなたはいくつ「YES」がありますか?(世代毎の政治的体験の傾向)

ここで改めて考えてみると、比較的若い世代の中でいえば、1985年生まれあたりが、一つの大きな分岐点なのではないかという気がする。

もちろんアンケートでの意識調査などしたことはないのだが、以下、大雑把な印象で述べる。

おおむね1985年以降に生まれた世代は、次の3つの特徴が挙げられるだろう。

(1)ソビエト連邦などの「共産圏」「社会主義国家」「東側諸国」をリアルタイムで知らない

(2)昭和天皇をリアルタイムで知らない

(3)中華人民共和国に対する、左右を問わない圧倒的な称賛ムードを経験していない

まず(1)については、ベルリンの壁が崩壊したのが1989年、ソビエト連邦が消滅したのが1991年であり、1985年頃に生まれた人は、当然、これらの出来事をほぼ記憶していないといえるだろう。

次に(2)については、昭和天皇が崩御したのは1989年だから、1985年生まれの人は、昭和天皇が「天皇」である次代の雰囲気を覚えていないはずである。

最後に(3)は、いわゆる天安門事件が起こったのがこれまた1989年であり、中国の共産党政権が学生や市民運動を弾圧したことがメディアを問わず大々的に報道されたのは、これが初めてであった。それより前は、日本のメディアや政財界は、一部の例外を除き、左右問わず日中友好ムードが圧倒的だったのだが、それが急に変わっていたきっかけが、この天安門事件なのである。1985年生まれなら、物心ついた頃には、中国に対して突き放した感じの論評が増えてきていたはずである。

そして(1)は、「資本主義がいずれ革命や平和的移行により社会主義に変わっていく」という主張に(同意するか否定するかは別として)リアルタイムでは接した経験がないということであり、それどころか「資本主義諸国と社会主義諸国が競争している」という状況すら知らないことも意味する。物心ついた頃から、資本主義国家しか知らないということである。(1990年代以降は、中国も経済面では「資本主義国家」と呼ぶべきだろう。)

また(2)は、リアルタイムでは今上天皇しか知らないということであり、それは、憲法擁護や戦争への慰霊を強調する天皇しか知らないということでもある。第二次世界大戦の責任と結びつけられて語られる天皇、かつて軍を統帥する大元帥だったことがある天皇という存在を、リアルタイムでは経験したことがないのである。

さらに(3)は、中華人民共和国という国について、最初から多かれ少なかれ違和感や距離感をもって育ったということであり、1970年代の日中友好ムードとか、毛沢東や文化大革命の賛美などの風潮の影響を受けていないということである。

このブログを読んでいる人の中で、1985年生まれ以降の世代がいたら、周囲の年上の人に質問してみると面白いかも知れない。

「ソビエト連邦があった時代は、世界はどのように見えていたのか」とか「昭和天皇について世間の人々はどう思っていたか」とか「中国との友好ムードが強調された時代は、どんな雰囲気だったのか」など。

« 石川健治教授の自衛隊と憲法についての主張の考察・続き | トップページ | 政権交代しようにも「安倍以外」の選択肢がないことについて(東浩紀のエッセイから) »

日本人論」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/70705892

この記事へのトラックバック一覧です: 1985年生まれ世代のあたりで政治的感覚に大きな断絶がある件:

« 石川健治教授の自衛隊と憲法についての主張の考察・続き | トップページ | 政権交代しようにも「安倍以外」の選択肢がないことについて(東浩紀のエッセイから) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ