最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« なぜ都議会選挙や都知事選挙は、国政選挙のような雰囲気になってしまうのか? | トップページ | 厚生年金の事業主負担分も本人が負担しているのか?(城繁幸氏の説について) »

「強すぎない安倍政権」という選択肢はないのか?

都議選での自民党の大敗と、内閣支持率の低下を受けて、自民党内では「反安倍」の動きが始まったようである。

特に内閣支持率では、NHK・朝日・読売のいずれの調査でも30%台に落ち込んでおり、これまでの比較的高い支持率に比べてかなり急激な低下であって、自民党内でも危機感が強まるのはまあ当然である。

政局の動きについてはあまり立ち入りたくはないが、「強すぎない安倍政権」という選択肢はないのだろうか。

あまり自民党の議席が多すぎない程度で、国会では野党との協議や調整をきめ細かくやらなければならない状況になったうえで、政権は当面、安倍内閣にやってもらう・・・という選択肢があっても良いと思うのだが。

もっとも、次の国政選挙がいつになるかわからない今の段階で、こんなことを言ってもむなしいかも知れない。

実際は、安倍首相が自民党内で圧倒的な力をもって「安倍一強」と呼ばれるのは、選挙で強さを示して多数の議席を確保してきたからであって、それができないとなれば、「強すぎない安倍内閣」ではなく、「安倍降ろし」が自民党としての選択肢ということになるのだろう。

« なぜ都議会選挙や都知事選挙は、国政選挙のような雰囲気になってしまうのか? | トップページ | 厚生年金の事業主負担分も本人が負担しているのか?(城繁幸氏の説について) »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/71107598

この記事へのトラックバック一覧です: 「強すぎない安倍政権」という選択肢はないのか?:

« なぜ都議会選挙や都知事選挙は、国政選挙のような雰囲気になってしまうのか? | トップページ | 厚生年金の事業主負担分も本人が負担しているのか?(城繁幸氏の説について) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ