最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« ちきりん氏の「成長戦略」論って少し変ですね | トップページ | 日本は、のび太ではなくスネ夫である件 »

『忍びの国』コミック版

 「忍びの国」という映画がヒットしているようだ。

 映画のポスターには忍者姿の「嵐」の大野の顔が大きく出ていて、「我が名は無門、嫁さん以外怖いもんなし」という宣伝コピーがつけられている。

 この「嫁さん以外怖いものなし」というフレーズがやけにインパクトがあって面白いと思っていたのだが、先日、たまたまコミック版(小学館)を読む機会があった。
 原作小説も映画もまだ目にしないうちに漫画だけ読んでしまったことになる。

 2009年に月刊少年サンデーに連載されて、単行本化もされて完結してから既に何年も経っていたところに、映画公開にあわせて本をまた大々的に売り出しているのだろうが、なかなか面白かった。

 絵柄には癖があり、忍者や武士が乱戦しているところなど、誰が誰を殺しているのかわかりにくくなっている箇所も多いが、勢いは凄い。
 斬り合いで人間の身体が、まるで大根や野菜を切るようにバラバラぶった切られていくシーンがあるかと思えば、ギャグ満載のシーンもある。

 ネタバレを避けるため物語の詳細は省くが、戦国時代を舞台に、伊賀の里の忍者たちと、そこに侵攻する織田信雄(信長の次男)の軍勢との戦いを描いている。
 主人公が伊賀の忍者なので、織田方が敵=侵略者として描かれて、郷里防衛のため奮戦する忍者軍団の方に基本的に感情移入できるように描かれているのか・・・と思うと、そういうわけでもない。

 織田方はむしろ常識的な人物や義理に厚い人物が目立つ一方で、侵略される伊賀の忍者たちは、とんでもない曲者や狂気を見せる者や冷徹な人間が揃っている。ただし忍者という立場というか職業の特異な性質上、そのようになってしまったということであり、その中で苦悩する者の姿も描かれている。

 どちらの側にもそれなりに共感できる人物がいるので、自分なりに気にいったキャラを中心に読む楽しみ方ができるが、私自身は、織田勢の日置大膳(信義に厚く剛直な武人)と、柘植三郎左衛門(曲者のように見えるが、至って常識人)という2人が非常に印象に残った。(これはどちらも歴史上実在の人物。)

« ちきりん氏の「成長戦略」論って少し変ですね | トップページ | 日本は、のび太ではなくスネ夫である件 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/71504805

この記事へのトラックバック一覧です: 『忍びの国』コミック版:

« ちきりん氏の「成長戦略」論って少し変ですね | トップページ | 日本は、のび太ではなくスネ夫である件 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ