最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« 日本人にとって「戦後」はもう一つの元号だった(2) | トップページ | ちきりん氏の「成長戦略」論って少し変ですね »

石川健治と自衛隊正統性否認論・つづき

 季節柄ということもあるのかも知れないが、憲法学者の石川健治がネットでいろいろと話題になっているようである。
 以前のエントリでも触れたことの繰り返しになるが、石川健治は、おおむね次のようなことを言っている。

憲法9条により、自衛隊には正統性が与えられず、権力統制が行われている。
 正統性に疑いがある自衛隊は、世間から後ろ指を指されないように、常に身を慎むことになる。
 憲法9条は、自衛隊から正統性を剥奪することで、コントロールしているのである
。」

石川は「自衛隊は違憲」ということをまず前提にしたうえで、「違憲=正統性を与えないことによってコントロールできている」というロジックに立脚している。
「違憲とすることによって廃止(排除)する」というのではない。

 だが、「違憲とすることによってコントロールする」というロジックが通用するなら、他の違憲(の疑いがあるとされている)制度や組織等にも、そのロジックは同じように適用できることになるだろう。

 たとえば、集団的自衛権にかかわる例の安保法制の成立について、石川健治は、「クーデターで立憲主義を破壊した」といって非難していたのだが、集団的自衛権についても、結局同じ論理が通用することになる。

 あと何年かしたら、石川健治かその弟子は、次のように言っていることだろう。

 「憲法9条により、集団的自衛権行使には正統性が与えられず、権力統制が行われている。
  正統性に疑いがある集団的自衛権の行使は、世間から後ろ指を指されないように、常に身を慎むことになる。
  憲法9条は、集団的自衛権行使から正統性を剥奪することで、集団的自衛権行使をコントロールしているのである
。」

 なお、以前のエントリで、「立憲主義を主張するなら、『憲法に違反したものを違憲論で統制して使えば良い』というのは、おかしいのではないか?」と疑問を呈したことがあったが、それについて、ある人から、「石川教授は、自衛隊を『良い』と是認したわけではない。存在を前提として考えることと、存在を是認することは違う」という意見をいただいた。

「良い」とか「是認」という用語のニュアンスにもよるが、少なくとも毎年毎年予算をつけて、人員や装備を更新させて、演習を行わせて、緊急時には出動して戦闘行為もさせることを前提として考えるのであれば、「是認したわけではない」などと言い張るのは無理ではないだろうか

「緊急時には戦闘機のスクランブル発進をさせているが、存在を是認したわけではない」とか「自衛隊の存在は認めないが、毎年装備予算をつけさせている」と言い張るのであれば、いささか理解できない発想である。

(「自衛隊は認めない。新たな予算や人員はつけるべきではない。廃止に向けて具体的な動きをするべきなのに、政府がそれをしないのはけしからん」なら、賛否はともかく論理的にはまったく筋がとおっているのだが。)

・・・と、ここまでは前回書いたこととあまり変わらない内容なのだが、さらに考えてみると、「自衛隊に正統性を与えないことで統制できれば良い」とする考え方のもっと大きな問題点は、自衛隊に正面から向き合ってそのあり方を考える思考を阻害するということだろう。

 正統性がないから、単に抑制すれば良いという発想にしかならないので、リスク込みで、具体的にどのように組織体制を作って、どのように運営すれば良いのかを真剣に考えるという発想はそこからは生まれてこないのである。 

 「正統性がない(疑わしい)から、自衛隊は世間から後ろ指を指されないように身を慎む」と石川はいうが、そこには、自衛隊のあり方を究極的に決めて、利益も不利益も身に受け、最終的に責任を負わねばならないのは「世間」自身だという自覚が致命的に欠けているといえよう
 石川の考え方では、「世間」と分離されたところに「自衛隊」がポツンと存在していて、それが正統性を認められず身を慎んでいる(慎ませる)という発想にしかならない。

 これは、「どうやって現在の問題を解決するか」よりも「どうやって『戦前』に戻らないようにするか」を優先して考える思考方法のあらわれの一つといえるだろうか。

« 日本人にとって「戦後」はもう一つの元号だった(2) | トップページ | ちきりん氏の「成長戦略」論って少し変ですね »

憲法」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/71459317

この記事へのトラックバック一覧です: 石川健治と自衛隊正統性否認論・つづき:

« 日本人にとって「戦後」はもう一つの元号だった(2) | トップページ | ちきりん氏の「成長戦略」論って少し変ですね »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ