最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« 労働時間の把握が、ようやく使用者の義務として明文化される? | トップページ | 日本人にとって「戦後」はもう一つの元号だった(1) »

「ノー残業、楽勝!予算達成しなくていいならね。」

地下鉄の霞ヶ関駅に、このような広告ポスターが貼られていた。

「ノー残業、楽勝!予算達成しなくていいならね。」

1502192242501

従業員に業務の負荷がかかっている現状を放置して、単に「残業を減らせ、早く帰れ」と叫んだところで何の意味もない、ということで、端的にホンネというか実態を述べているコピーである。

肝心の広告対象の商品についての紹介は、下の方に「ルールだけでなく、ツールで新しい働き方を  キントーン」と書いてあるので、事務処理を効率化するシステムについての宣伝なのだろうということは見当がついたが、「キントーン」とは何のことかわからず、調べて見たら、どうやらサイボウズ株式会社の商品らしく、「ビジネスアプリ作成プラットフォーム」ということらしい。

 それはそうと、私自身、某大手メーカーの人事・労務部門にいた頃の「ノー残業デー」のことを思い出した。会社は毎週水曜日を「ノー残業デー」と決めていて、やむを得ず残業する部署は、「残業申請書」を人事・労務部門に提出する。(人事・労務部門としては、この「残業申請書」を労組にも見せる。)
 ところが、ノー残業デーなどお構いなしに客先への対応業務は頻繁に発生するから、結局のところ、各部署から出てくるこの「残業申請書」はかなりの量になる。さらに急に残業せざるを得なくなる者も常にいて、そういう場合は事後提出せざるを得ない。
 そんなこんなで、「残業申請書」の作成提出自体が、各部署にとっては結構時間をとられる作業になっていたのである。

(追記)念のため調べてみたら、このサイボウズの広告は、既に3ヶ月ほど前に品川駅の電子看板で掲示されて、ネットなどでも話題になっていたようである。滅多に品川には行かないので気づかなかった。地下鉄の霞ヶ関駅にポスターとして貼り出されたのは、比較的最近なのかも知れない。

« 労働時間の把握が、ようやく使用者の義務として明文化される? | トップページ | 日本人にとって「戦後」はもう一つの元号だった(1) »

企業」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/71368708

この記事へのトラックバック一覧です: 「ノー残業、楽勝!予算達成しなくていいならね。」:

« 労働時間の把握が、ようやく使用者の義務として明文化される? | トップページ | 日本人にとって「戦後」はもう一つの元号だった(1) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ