最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« 常見陽平ブログに思う:「政権選択」ではなく「不満の代弁者選択」の投票ではダメなの? | トップページ | 「全国が単一の比例代表区だったら」等の議論にあまり意味がない件 »

城繁幸氏がまたいい加減なことを・・・

 城繁幸がまたブログで、いい加減なことを書いていた。

  サルでもわかる「終身雇用がブラックを産む」わけ

 言わんとするところを整理して要約すると、次のとおりである。

(1)日本の大企業は、繁忙期に急に正社員を増員することはなく、まずは残業でこなす。逆に業務量が減った時も、正社員を解雇することはなく、残業を減らすことで調整する。このようにして解雇を避け、終身雇用を維持している。
(2)労働基準法はザル法であって、労使協定を締結すれば事実上、いくらでも残業をすることができるようになっている。
(3)従って、終身雇用が過労死を産み出していると言える。
(4)ところで、終身雇用で労働条件の良い大企業だけでなく、そうでない中小企業にも同じ労働基準法が適用される。終身雇用のない企業の方が残業規制が厳格というわけではない。
(5)よって、中小企業の労働者は、終身雇用の恩恵を受けられないにもかかわらず、ザル法の労働基準法によって残業が野放しになっていることのしわ寄せを受けている。

(論旨はまだあるが、以下略)

 この城繁幸の文章は、例によって、当たっている部分とデタラメで乱暴な部分が混在している。

 (1)(2)は、単純化した図式ではあるが、ここでは一応良しとしておく。
 問題は(3)以下だ。城繁幸の理屈では、「終身雇用→業務の増減に応じて採用したり解雇したりできない→よって忙しい時も増員ではなく残業で対応せざるをえない→よって終身雇用が過酷な残業や過労死を産み出している」ということになっている。

 そうだとすれば、終身雇用でない企業は、単純に言えば(法的にどうかは別として)ほしいままに採用したり解雇して業務量の変動に対応できるのだから、無茶な残業をさせる必要はないことになるはずである。

 終身雇用をやめれば解雇と採用によって人員を調整するので、少なくとも長時間残業を強いられることはほとんどない、というのが城繁幸がこれまでも繰り返してきた主張だ。

 ということは、逆に、現に終身雇用などせず、ほしいままに解雇も採用もしている中小企業は、無茶な残業は原理的にありえないはずである。労働基準法が「ザル法」かどうかとは関係ない。必要がなければ長時間残業は発生しないからだ。

 有名な「すき家」のバイトの長時間残業の事例について城は、

 “すき家はバイトに長時間残業やらせようとしたらバイトが逃げて本社の正社員が駆り出されてそれでも回らなくて営業時間縮小に追い込まれたという話です。流動性こそが労働者の最大の武器という好例です。”

と述べている。この指摘は間違ってはいないが、持論の根拠として城が持ち出すのは実はおかしい。城繁幸の理論でいえば、そもそも「すき家」のようなところでは、最初から長時間残業など(ほとんど)発生しないはずだろう仕事が忙しいならすぐバイトを増やし、仕事が減ればすぐバイトを減らすだけのことだからである。

 終身雇用でもない中小企業やすき家バイトで過酷な長時間残業が発生しているということは、「終身雇用をやめれば長時間残業はなくなる」という城の主張そのものが破綻していることは明らかである。

 それでは、そもそもなぜ中小企業や「すき家」バイトで長時間残業が発生するのかといえば、それはただ、経営者が人件費(終身雇用でないのなら固定費ではなく変動費のはずだが)を抑えたがっているというだけのことだろう。経営者が悪徳だというよりも、市場競争や取引構造などの問題として見る方が良いと思われる。

 いわゆる終身雇用と残業の発生に大きな関係があるのは事実だろうが、終身雇用がなければ過労死や長時間残業が発生しなくなるという単純な問題ではない。

« 常見陽平ブログに思う:「政権選択」ではなく「不満の代弁者選択」の投票ではダメなの? | トップページ | 「全国が単一の比例代表区だったら」等の議論にあまり意味がない件 »

人事・労働」カテゴリの記事

コメント

この弁護士さんは「インセンティブ」って言葉が頭にないようですな。
だって、採用・解雇が自由にできるとしたって、企業からすれば給料は安く抑えたいし、長時間労働してくれるならその方がありがたいのだから。
だから労働者としては、発言VOICEとともに離脱EXITの選択肢を常に持っておくことが必要になる。

そのための流動化。

この辺のことは全て『なぜ景気が回復しても給料は上がらないのか』(倉重公太朗他)に答えが書いてあるので、よろしければ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/72021235

この記事へのトラックバック一覧です: 城繁幸氏がまたいい加減なことを・・・:

« 常見陽平ブログに思う:「政権選択」ではなく「不満の代弁者選択」の投票ではダメなの? | トップページ | 「全国が単一の比例代表区だったら」等の議論にあまり意味がない件 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ