最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

« 日本で「二大政党制」など無理である件 | トップページ | 議員年金と生活保護 »

「選択的夫婦別姓」=「選択的夫婦同姓」である件

 サイボウズの青野社長が、選択的夫婦別姓を国が認めないことについて訴訟を提起するとのことである。毎日新聞の記事によれば:

日本人と外国人との結婚では同姓か別姓かを選べるのに、日本人同士の結婚だと選択できないのは「法の下の平等」を定めた憲法に反するとして、東証1部上場のソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京都中央区)の青野慶久社長(46)ら2人が、国に計220万円の損害賠償を求め、来春にも東京地裁に提訴する方針を固めた。”

毎日新聞の記事リンク先

 一般に、選択的夫婦別姓の議論で問題になっているのは「夫婦同姓か、夫婦別姓か」ではなく「夫婦同姓を強制するか(現状)、夫婦別姓も選びたい人は選べるようにするか」である。選択的夫婦別姓賛成派も、夫婦同姓を自分たちの意思で選ぶことを否定しているわけではない。

 言い換えれば、「選択的夫婦別姓」は、「選択的夫婦同姓」でもあるのだ。

 従って、「強制的夫婦同姓か、選択的夫婦同姓か」と言い換えることができるのである。

 そう、賛否は別として、現状の制度は「強制的夫婦同姓」なのである。もちろん自分の意思で喜んで同じ姓にする人は大勢いるのだろうが、制度としては他に選択の余地がないのだから、「強制」なのだ。

 良しとするかどうかにかかわらず、現状は、同姓にしなければならない以上は、「強制」があるということは改めて自覚しておくべきだろう。そのうえで現状を良しとするかどうかは、また別な判断である。

 「強制的夫婦同姓か、選択的夫婦同姓か」と言い換えれば、もう少し冷静に議論ができるようになるのではないだろうか。

« 日本で「二大政党制」など無理である件 | トップページ | 議員年金と生活保護 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454842/72240701

この記事へのトラックバック一覧です: 「選択的夫婦別姓」=「選択的夫婦同姓」である件:

« 日本で「二大政党制」など無理である件 | トップページ | 議員年金と生活保護 »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ