最近のトラックバック

人気ブログランキング


フォト

社会科学

内閣総理大臣は「日本民族」の族長ではない件

 ここ数日で急にアクセス数というかPV数が激増したので驚いた。特別普段と変わったことをした覚えはないのだが、心当たりとしては、『ざわざわ森のがんこちゃん エピソード0』を取り上げたことくらいだろうか。

 さて今回も、例の朝日新聞の特集『我々はどこから来て、どこへ向かうのか』からまず話を始める。この特集の1月3日の記事は、「日本人って何だろう」と題するもので

 「様々なルーツを持つ日本人の活躍が、珍しくなくなった。「同質」を自分たちの特徴と考えてきた日本人。その自画像は、変わっていくのだろうか。」

という文章から始まるものだった。

 見てのとおり、この朝日の記事は「様々なルーツを持つ日本人」という言葉で始まっていて、外国から帰化した人物や外国人を親に持つ人物を取り上げているが、ここでいう「日本人」とは、いうまでもなく「日本国民」という意味である。

 一方NHKは、2016年4月に『サイエンスZERO』で、『日本人のルーツ発見!“核DNA解析”が解き明かす縄文人』という放送をしている。また、さらにさかのぼって2001年にも、『日本人 はるかな旅』という特集番組を放送しているが、ここでも「日本人のルーツ」という表現を使っている。
(私は後者の番組しか見ていないのだが、縄文人が遺伝的にシベリアのブリヤート人と近いといっていた。)

 こちらのNHKの番組でいう「日本人」という言葉は、朝日新聞の記事とは意味が違っている。
 まず「日本国民」という意味ではないことは明らかである。「日本国民」とは、法的に日本国籍を有する者という意味であって、その遺伝子がどこに由来するかとはまったく関係がない。「法的な日本国民のルーツはシベリアで…」などという記述をするのはおかしな話である。

 それでは「日本民族」という意味なのかといえば、それもしっくりこない。
 そもそも「民族」の概念自体がかなりあやふやであり、法律上の定めがあるわけでもないし、学問上も明確に定義されているわけでもない。最近は学問的な文脈では「民族」という概念を使用するのを避ける動きも有力となっていると聞く。
 それでもあえて「民族」という概念を考えてみると、一応は言語とか文化や伝統(これもかなり曖昧だが)の共通性がある集団を想定している言葉ではあるだろう。
 しかしこの意味での「日本民族」のルーツが遺伝子だかDNAの研究で明らかになったのかというと、それもおかしな話である。言語や伝統文化は、遺伝子やDNAによって伝わるものではないし、縄文時代の遺伝子の由来するどこかの地域の古代の人間が、日本の言語や伝統文化の祖になる要素を持っていたかどうかなどわからないのである。

 こう考えてみると、NHKは「日本人のルーツ」という表現を、かなりいい加減に使っていると言わざるを得ないのではないか。本来であれば、そのままずばり「縄文人のルーツ」と呼ぶか、または「日本列島住民のルーツ」とでもいうのが妥当だったと思う。

 なお現在でも「日本人の遺伝子には○○の性質があるが、韓国人の遺伝子にはそれがない」という類の主張をする人がときおり見受けられるが、均一な遺伝子を持つ人間の集団としての「日本人」「韓国人」というグループが存在するわけではない。「日本国民には○○の性質の遺伝子を持つ人が相当割合いるが…」という程度の言い方にとどめるべきだろう。

 日本国は、何かの均一な遺伝子を持つ人間の集団の国家ではないし、「日本民族」の国家として定められているわけでもない。日本国は「日本国民」の国家であって、それ以上でもそれ以下でもない

 どこかで聞いた表現を借りれば、内閣総理大臣は、「日本国民」の選挙で選ばれた国会議員の中から任命される行政府の長であって、「日本民族」の族長ではない

 (★付言すると、上記の朝日新聞の記事は、「移民に反対するのは単一民族の幻想を持つ人間だ」といわんばかりの論調である。しかしながら移民に賛成するか否かと、自国を単一民族と考えるかどうかとは、一応別の次元の問題であって、ここにも論理のすり替えがある。“単一民族”意識を持つ人の方が移民に反対する割合は高いのかも知れないが、その意識を持たない人が移民にすべて賛成しているというわけでもないだろう。)

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ